MENU

自営業者がお金を借りたい理由とは?

長年サラリーマンをやって来たという方が一大決心をして脱サラし、自営業の道を目指した場合には当然のことながら今まで当たり前のように貰っていた給料による収入が途絶えてしまうことになります。

 

そのため、今まで自由に使うことができていた手取りのお金も0円ということになってしまい、今後の生活は貯金と一定期間のみ支給される失業保険、初めての経験にプレッシャーを感じながらも稼ぐ自営業での収入に掛かっているということになるのです。

 

また起業してから年数が経っているという自営業の方でも、お金が足りないという事態になることは普通にあるでしょう。

 

自営業とは今風に言い換えると「フリーランス」ということになり、自由業でもあり個人事業主という同意語もある職業です。そんな自営業の方がお金がないという状況になった場合、サラリーマンとは違い2つの理由が考えられますよね。

 

コチラでは以下の自営業の方がお金がない状況になる理由2つと、今すぐ必要な時におすすめできるカードローンとその審査について解説していきます。

  1. 個人の生活費に準備できるお金がない
  2. 事業資金に準備できるお金がない

 

個人の生活費に準備できるお金がない!自営業が借りれるカードローンとは

自営業を職業としている人が個人の生活費に準備できるお金がない時には、事業資金からお金を引き出すことができれば、カードローンなどでお金を借りることを避けることができます。

 

自営業の方の場合、法人とは違い経営者本人の給料は存在しません。ですが、事業費からのお金の引出しは自由にできることになっているため、生活費に必要となるお金を自由に引き出すことができるのです。
【参考:個人事業主の生活費はどうする?

 

ですが、事業の方は資金がギリギリでとても個人の生活費まで賄うことができないという場合もありますよね。そんな時には個人としてお金が借りれるカードローンの利用がおすすめとなります。

 

ですが、そこで心配になるのが職業が自営業でもカードローンの審査に通ることができるのかということですよね。もちろん、審査が甘いカードローン業者ならば審査に通りやすいと言えるかも知れません。自営業の方のカードローン審査の通りやすさについては次の表のようなことが言えるでしょう。

 

自営業者がカードローン審査に通る可能性

闇金業者 街金(中堅の消費者金融) 大手の消費者金融 銀行カードローン

高い確率で審査に通る

大手よりも審査が通りやすい

銀行よりも審査が通りやすい

厳しい内容で審査落ちも多い

 

闇金は論外!おすすめは大手の消費者金融

自営業の方が個人の利用としてカードローンからお金を借りるならば、おすすめは大手の消費者金融と言えます。ただし、闇金から借りると法外な利息を取られ、事業にも大きな影響を及ぼすこととなりますので、利用は論外となるんです。

 

生活費やその他の急を要する出費は、とにかく少しでも早く借りたいということも多く、申し込みや審査、融資までに掛かる時間がもどかしいと感じることでしょう。それならば、誰もがCMで一度は見たことのある有名な消費者金融の利用をおすすめします。

 

大手のキャッシングサービスとは以下のような所であり、その中でも特におすすめは初回の利用で無利息サービスが利用できる金融機関となるのです。

  • プロミス(30日間無利息・利用にはWeb明細書の利用登録とメールアドレスの登録が必要)
  • アコム(30日間無利息・利用には35日ごとの返済方法を選択する必要あり)
  • アイフル(30日間無利息)
  • モビット(無利息サービスなし)
  • ノーローン(1週間無利息)

 

大手の魅力は比較的柔軟な審査とスピード

大手消費者金融の魅力は無利息サービスも利用可能ということですが、それだけなくメリットは他にもあるのです。

 

安定した収入のある方ならば自営業者であっても銀行でお金を借りることは可能ですが、ただし以下のようなサービスを受けることができません。無利息サービスに加えて便利なシステムが用意されている人気キャッシングサービスでは、サラリーマンでなくても多くの人が利用することが可能となっています。

  • 事業性資金にも利用可能
  • 比較的柔軟となっている審査内容
  • 最短30分という素早い審査
  • 最短1時間の借入れも可能な対応の速さ
  • 土日の申し込みにも即日融資が可能な場合がある

人気カードローンならば、このように便利なサービスで即日融資を希望する場合にも対応可能となっているのです。また銀行カードローンでは事業性資金での利用は不可となっていますが、消費者金融の方では個人向けだけでなく事業資金にも利用が可能であるという点でも、個人向けカードローンを選ぶならば大手のカードローンがおすすめとなるのです。

 

自営業者はサラリーマンより審査に通りずらい

自営業とサラリーマンではどちらの方が審査に通りやすいのかと言えば、それはサラリーマンの方であると言えるのです。

 

基本的に収入が一定であるサラリーマンは安定した収入を得ていると判断してもらえることが多く、軌道に乗ればサラリーマンよりも遥かに多くの年収を稼ぐことができる可能性はあるものの、給料による収入の方が安定性に優れているというのが、基本的なキャッシングサービスの審査基準となっています。

 

自営業者は提出の書類が多くなる可能性も

カードローン審査を受ける際に必要となる書類と言えば、運転免許証や健康保険証などの本人を確認する書類となり、以下の金額に達した場合には収入を証明する書類の提出も必要となるのです。

  • 50万円を超えるお金を借りたい時
  • 他社での借入れと合算して100万円を超える借入れとなる時

ただし、これはサラリーマンやパートの場合であり、自営業者がお金を借りる場合には多くの場合でこの金額に達していなくても収入を証明する書類の提出を求められるようです。そのため自営業者は提出の書類が他の職業の方よりも多くなる可能性があり、審査も厳しくなる傾向にあります。

 

個人向けの借入れは総額1/3以下まで
個人が個人で利用することを目的として消費者金融からお金を借りる場合、その総額は年収の1/3以下である必要があります。これは総量規制により決められているルールですので、どんなに審査の甘い街金であっても闇金でない限りはこの法律は必ず守られているのです。

 

審査では在籍確認もある

自営業の方の借入れの審査であってもサラリーマンと同様に在籍確認があります。この場合は経営している会社に電話が掛かってきても自分で電話を取れる可能性が高いため、本当に会社を経営していることを証明しやすいですし、特に不安を感じる要素がないため安心と言えるでしょう。

 

事業資金に準備できるお金がない!自営業者カードローンとは

自営業の方がお金を借りる方法には、ここまで説明してきました個人向けのカードローンを利用することの他にも、自営業者専用として用意されているカードローンを利用する方法もあります。

 

自営業者専用ローンは銀行と消費者金融、信販会社、ビジネスローン専用業者など多数の業界で提供されているのですが、その内の殆どは振り込みによる借入れ方法しかない場合が多く、利用限度額の範囲内で何度でも借入れや返済ができる便利なカードローンとして利用できるのは、信販会社と銀行系のキャッシングサービスくらいとなっているのです。

 

その中でも個人向けカードローンと併用して利用できるのが銀行系のキャッシングサービスであり、以下の2つがそれに該当します。

  • プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)「自営者カードローン」
  • アコム「ビジネスサポートカードローン」

【参考:銀行系金融業者のビジネスローン

どちらも最大300万円までの利用が可能であり、個人向けのキャッシングとは異なり事業者向きの借入れであるため、総量規制の適用外となっていることから既に年収の1/3まで消費者金融からお金を借りている場合でも、事業資金の借入れが可能です。

 

ただし、利用には一定の条件があるため審査を受ける前に確認をする必要があります。

 

自営業者向けカードローン、企業1年未満の利用は不可

個人向けのカードローン審査に通りやすい人の条件には、勤務年数が長いということもあります。勤務年数が長ければカンタンに会社を辞めてしまう心配が少ないというのがその大きな理由と言えるのですが、自営業者のカードローン利用についても同様に、最低でも起業後1年を経過している必要があるのです。

 

更に自営業者向けのカードローン審査に申し込みするための条件は、個人向けのカードローンよりも厳しい内容となっています。
また提出する書類が多いことも、自営業者カードローンの利用を難しくしている要因となっているのです。

 

それでもどちらのカードローンも事業用資金に加えて生活資金としての用途でも利用できるようになっているため、通常のカードローンで総量規制で定められた枠に達してしまった場合、こちらの自営業者カードローンを利用するという方法もアリと言えるでしょう。

 

ただし、そのためには以下のような条件を満たす必要があります。

 

プロミス・アコムの自営業者カードローン利用条件

カードローン名

借入限度額

利用可能な年齢

提出が必要な証明書類

プロミス自営業者カードローン

300万円

65歳まで

  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 確定申告書 (前年度のもの)
  • 青色申告決算書または収支内訳書
  • 営業実態を証明する書類
  • (営業許可証・直近1年以内の報酬明細に類する書類など)

    アコム自営業者カードローン

    300万円

    表記なし

  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 直近1期分の確定申告書B(収受日付印が押印されたものの写し)

  • 契約極度額が100万円超の場合は青色・白色申告書

  • 運転免許証がない場合は最新の確定申告書Bが必要
  •  

    自営業の資金不足には日本政策金融公庫の利用も視野に

    自営業の資金を捻出するためにお金を借りる場合、銀行や消費者金融、信販会社などの自営業者ローンを利用する方法もありますが、日本政策金融公庫の利用も視野に入れると良いでしょう。

     

    通称国金とも言われるこの会社は平成20年10月1日に発足し、一般の金融機関が行う金融の補完を目的として国民生活や中小企業者、農林水産業者の資金調達を主な業務としているのです。

     

    その中でも小規模事業者へのサポート業務(日本公庫国民生活事業)では、1先あたりの平均融資残高が689万円となっていて、利用している人の約9割が従業員数が9人以下、約半数が個人企業であり、更には全体の8割を超える人が無担保融資を利用しています。

     

    【参考:日本政策金融公庫

     

    日本政策金融公庫の利用は時間が掛かる

    日本公庫国民生活事業への申し込み方法は2つあります。

    1. 直接貸付:申込み・審査・契約・資金送金・経営の相談の全てを全国の中小企業事業の支店で取扱い
    2. 代理貸付:都市銀行・地方銀行・第二地方銀行・信用金庫・信用組合などを代理店として取扱いする

     

    また申し込みには以下のような書類の提出が必要です。
    ただし、書類の内容に嘘があった場合には審査に通らない結果となりますので、正直な情報を伝える必要があります。

    • お願いする主な資料は次のとおりです。
    • (注)必要に応じ、補足資料をお願いします。
    • 会社案内、製品パンフレット
    • 法人の登記事項証明書
    • 最近3期分の決算書、税務申告書
    • 納税証明書
    • 最近の試算表、資金繰り表
    • 借入申込書
    • 設備資金の場合は、見積書など計画の概要がわかる資料
    • 登記事項証明書など担保の内容がわかる資料

    (注)必要に応じ、補足資料をお願いします。
    中小企業事業ご利用手続きの概要

     

    更に申し込みには以下のような手順を踏む必要があります。
    中小企業(直接貸付)申し込みの手順

    1.融資の相談 会社案内や決算書を持参して日本公庫中小企業事業支店の窓口に直接ご相談
    2.申し込み 審査に必要な資料を提出して申し込み
    3.審査 事業者計画の内容を確認するため、日本公庫職員が会社へ訪問する
    4.融資 審査に通った場合には貸付契約が完了したあとに送金

     

    日本政策金融公庫では何と言っても4%台〜5%台が金利の上限となり、業績次第では0.4%という低金利での借入れも可能であるため、銀行で借りるよりも更に低金利であることが最大のメリットと言えます。

     

    ですが、上記のような手順を経るため申し込みから借入れまでは3週間程度の時間が掛かるという今すぐ資金を必要としている場合に痛いデメリットもあるのです。
    そのため、急ぎで事業資金を調達したいという時には向かない融資制度と言えますし、こんな時にはやはり大手の消費者金融に頼る方が心強いかも知れませんね。

    関連ページ

    職業が学生の人はカードローン審査で不利になるの?
    「職業は学生」という人でもカードローン審査に通りやすくなるおすすめ方法を紹介しています。また審査が甘いのはどんな金融業者なのか、審査に落ちるのを防ぐ方法とは何かについても紹介していますので参考にしてください。
    主婦がカードローン審査に落ちないために大事なこと
    主婦にはある理由によりカードローン審査を受けることができる会社が別に用意されているのです。またそれにより借りれる金額も違ってきますので、いろいろなカードローンを比較するのも申し込みの会社を選ぶ上でおすすめとなります。
    フリーターという職業とカードローン審査への影響とは?
    フリーターとはアルバイトやパートなどで収入を得ている人を言いますが、時にはニートと同じであると誤解されるケースもあるようです。ですがフリーターであっても安定した収入があればカードローン審査を受けることはできますし、借入れも可能です。
    職業はアルバイト、給料少ないとカードローンの審査に落ちる?
    アルバイトという職業はカードローン審査に落ちやすいのかについて解説しています。またアルバイトにはどんな職種があり、具体的にはどんな仕事があるのかについても紹介しています。
    お金借りたい!水商売という職業がカードローン審査に通る可能性は?
    水商売は浮き沈みの激しい安定しない職業であるため、カードローン審査で不利となる場合もあります。特に心配になるのは審査での在籍確認かもしれませんが、だからと言って嘘や偽装会社の利用は絶対にダメです。
    公務員ならカードローン審査も安心?安定職業の強みとは
    公務員はどんな職業よりもカードローンの審査に通りやすいというメリットがあります。そのため低金利のカードローンも選択できますが、時間に余裕があるならば共済組合の貸付事業で借りるのが最もオトクと言えるでしょう。ただし即日融資が希望ならば消費者金融が便利ですよ。