MENU

学生はお金がない!カードローン審査に通りやすい人になる方法とは?

学生であることで様々なサービスの利用で割引を受けられたり、学生納付特例制度(以下に特記)によって国民年金の保険料の納付が猶予されたり、また奨学金制度の利用により低金利で学費や生活費を借りることができるなど、社会人よりも優遇されることは多いです。

 

ただし学生であることは社会人よりも便利と言えることばかりではありません。
例えばカードローンでお金を借りたい時には、学生よりも社会人の方が審査に通りやすいですし、借入れをする以前に大学の授業で忙しい学生とは違いより多くの資金を稼ぐことができるため、余裕のある生活が送れるのも社会人の方であると言えるでしょう。

 

このような状況下にありながら、学生がカードローン審査に通りやすい人になる方法はあるのでしょうか?
学生がキャッシングを利用するには自分自身でお金を稼ぐことが必須であり、それにはアルバイトで働くのが主流となるでしょう。

 

そのため、毎月安定した収入が得られる職業を持つ社会人並みに審査に通りやすい人になるのは難しいですが、それでもその方法を知っているだけでも役立つことはありますので以下で紹介していきます。

学生納付特例制度
日本国内に住むすべての人は、20歳になった時から国民年金の被保険者となり、保険料の納付が義務づけられていますが、学生については、申請により在学中の保険料の納付が猶予される「学生納付特例制度」が設けられています。 本人の所得が一定以下(注1)の学生(注2)が対象となります。なお、家族の方の所得の多寡は問いません。
(注1)
本年度の所得基準(申請者本人のみ)
118万円+扶養親族等の数×38万円+社会保険料控除等
(注2)
学生とは、大学(大学院)、短期大学、高等学校、高等専門学校、専修学校及び (※1)各種学校、(※2)一部の海外大学の日本分校に在学する方で 夜間・定時制課程や通信課程の方も含まれますので、ほとんどの学生の方が対象となります。

 

【引用:日本年金機構

 

学生がカードローンの審査に通りやすくなる方法を紹介!

カードローン審査に通りやすい学生になりたいならば、以下の方法を実践してみることがおすすめとなります。何もしないでいきなり申し込みするより審査に通りやすくなる可能性がありますので、できることから始めてみると良いでしょう。

  • 時間の許す限りとにかく働く
  • 申し込みの時に嘘をつかない
  • 必要最低限の金額を希望する
  • 他社で借金がある場合はできるだけ整理をしてから新たに申し込みをする

【参考:学生でもカードローンの審査が通りやすくする方法ありますか?

 

時間の許す限り働く

学生がカードローン審査に通りやすくなる方法とは、何と言ってもとにかくできる限りアルバイトでお金を稼ぐということになります。カードローンでお金を借りたいという金欠の時に審査落ちすると困ったことになってしまうため、借入れの申し込みをするならばその前に安定した収入を得ているという実績を作っておく必要があるのです。

 

また親から毎月多額のお小遣いを貰っているという学生さんもいると思いますが、安定した収入とは自分で働いて得た収入ということになりますので要注意です。

 

ただし18歳や19歳の未成年の学生の場合にはアルバイトの収入がいくら多くても、銀行や大手の消費者金融、街金、学生専用ローン(一部を除く)のいずれでもお金を借りることはできません。

 

学生のアルバイトは金額の多さより安定した収入が重要

学生がカードローン審査に通りやすい人になるには、確かに少しでも多くの収入があるのに越したことはありませんが、ただし年収が多くても毎月の収入が安定していない場合には、必ずしも審査に通りやすいとは言えないのです。

 

例えば日雇いや短期のアルバイトで多くの収入を得ているとしても、安定した収入があることにはならない場合もありますし、その月によって収入が大きく違うことでも同様に審査で不利となることが多くなっています。
安定した収入とは毎月一定の収入があることを指しているため、週に3日ほどのアルバイト労働が必要と言えるでしょう。

【参考:学生ローンとは?アルバイトなど安定した収入がある学生を対象としたローン

 

申し込みの時に嘘をつかない

たとえまだ社会に出ていない学生であっても、カードローン審査を受ける際に必要となる情報に嘘があるのは絶対にNGです。なぜならばカードローンは基本的にどこの会社でも無担保や保証人なしで利用できる商品となっているため、すべてはあなたの信用が担保ということになるからです。
また成人している学生の保証人に親がなることもありません。

 

とは言え、大学や専門学校などの授業が忙しくアルバイトをする時間がない学生の場合には、このようなことで嘘を申告したくなることもあるでしょう。

  • 年収の金額
  • 勤務年数
  • 他社借入の件数と金額

確かに年収が多い、勤務年数は1年以上、他社借入は全く無いか1件程度という状況ならば、安心してカードローン審査を受けることができるかも知れません。

 

ですが残念ながら現実がそうでない場合、自分を良く見せたいという気持ちが働いてしまうのは無理もないことですよね。どうしてもカードローンでお金を借りたいと思っている時は「ダメ元」の気持ちが先に立ってしまうことでしょう。

 

ですが特に他社借入の件数や金額の場合には、申込み後に開始される審査で取引のある個人信用情報機関へ信用情報を照会しているため、事実と異なる嘘の申告はその時点でバレることになります。そしてそれによりキャッシング会社からの信用を一気に失い、審査落ちということにもなるのです。

 

また申込内容の嘘だけでなく、入力ミスにも同じような悪影響が及ぶこともありますので、学生であってもカードローン審査に通りやすい人になるためには、正直と正確を心掛ける必要があるのです。

 

必要最低限の金額を希望する

銀行や大手の消費者金融には、以下のようにとても大きな金額の借入れも可能なカードローン商品が用意されています。

 

銀行や大手消費者金融とその内容

三菱東京UFJ銀行 楽天銀行 アコム レイク

10万円〜500万円まで

10万円〜800万円まで

1万円〜800万円まで

1万円〜500万円まで

 

このように有名なカードローン業者の利用限度額は高額となっていますが、もちろんこれ程までの高額融資を受けるのは学生だと難しい場合が多く、特に消費者金融でお金を借りる場合には年収の1/3以下までしか利用ができません。そのため実際にカードローンで学生が借りれる金額とは10万円〜50万円ほどが限界かも知れませんね。

 

社会人が学生よりも審査に通りやすい理由が安定性や経済力によることは既に説明した通りです。学生はアルバイトでお金を稼ぐことが本来の職業ではないため、比較的お金に困ることも多いと言えますよね。

 

そのため、学生の方がカードローン会社から借入れをした場合には、毎月返済するお金は主に大学などの授業の合間にするアルバイトの給料から捻出することになるため、支払いに使える金額は最少返済額(以下に特記)の範囲に留まってしまうことも多いかも知れません。
またアルバイトということもあり、突然解雇される(クビになる)こともあるでしょう。

 

このように学生とは融資をしてくれるカードローン会社にとって不安定な職業ということであり、信用についても乏しいと言えるため、学生がカードローンを利用する場合には審査が厳しくなる傾向にあるようです。

 

このような理由から学生さんにおすすめしたいのは、必要最低限の金額を希望することです。金額が少なければ、万が一返済が難しくなってしまい債務整理などとなった場合でも、金融機関が受けるダメージは最小限で済むため少額の融資ならば審査に通りやすくなるのがその理由です。

最少返済額とは
最低返済額とは、借入残高に応じて、毎月最低これだけは返してください、と決められた金額のことです。例えばA社では、10万円の借り入れでは3,000円(限度額30万円超の人)または4,000円(限度額30万円までの人)が毎月の最低返済額となっていたり、B社では返済方法によって、毎月の最低返済額が4,000円か5,000円に定められていたりします。残高に一定割合を掛けて算出する会社もありますが、10万円の借り入れではだいたい4,000円前後の設定が多いようです。

 

引用:消費者金融から借りたお金の返済期間とは?

 

他社で借金がある場合は整理してからの申し込みがおすすめ

学生の内からいくつもの借金をするのは余りおすすめできませんが、それでも以下のような理由がある時には既に複数のカードローン会社からお金を借りている状況であっても更に借入れが必要になることもあるでしょう。

  • 奨学金だけでは賄いきれない学費や生活費
  • 引越しの費用
  • パソコンなど勉強に必要なモノの購入
  • 大学のサークル活動や友人との旅行の費用

このような理由で他社借入があるにも関わらず新たに借金したい場合にはどうしたら良いでしょうか?この状態でカードローン審査に申し込みした場合、借入れの件数や金額によっては審査に通らないこともあるのです。
カードローン審査に通りやすい他社借入の件数は一般的に3件までと言われていて、金額については銀行カードローンならば銀行の裁量次第、消費者金融なら裁量プラス総量規制の限度額以内(年収の1/3以下)ということになります。

 

他社借入の件数と金額、この内のどちらかの数字が多い場合は少なくする必要があり、それには借金をまとめたり返済するためのお金を親に借りるしか新たに借金をする方法はないかも知れません。

 

学生だけが利用できるカードローン、審査は甘いの?

銀行や消費者金融以外で学生が利用できるカードローンやキャッシングと言えば学生専用ローンですね。利用できる職業を学生と限定しているローンであるため、イメージから審査が甘いような印象を受ける方は多いでしょう。

 

けれどもその真相はどうなのでしょうか。ブラックでも借入れできたり審査なしの所もあるのでしょうか。
学生の方は大学・短大・専門学校などに通い、そこで勉強をするのがこの職業の本来の姿であるため、他の職業の人よりも返済に困ることも多そうですよね。

 

以下ではこのような状況にある学生がキャッシングする際に利用する学生専用ローンについて紹介していきます。

 

有名な学生専用ローンで審査の甘さを検証してみた

学生専用ローンの審査は甘いのか、また審査なしという所もあるのかを知るために、金利やサービスの内容に心配のない有名な学生ローンで審査の甘さを検証してみました。

 

まず初めに口コミで多く紹介されている学生だけが利用できるカードローンやキャッシングにはどんな所があり、その内容はどのようになっているのでしょうか。

 

学生ローンの会社とその内容

学生ローン会社名 利用限度額 金利
ベル 最大50万円 15.0%〜17.0%
マルイ 最大50万円 15.0%〜17.0%
カレッジ 審査後に決定される 15.0%〜17.0%
イー・キャンパス 最大80万円 14.5%〜16.5%(金利優遇の条件もアリ)
アミーゴ 3万円〜50万円 14.4%〜16.8%

【参考:学生専用ローン※親にバレないでお金を借りるならココ!

 

この表から見て分かるののは次のようなことでしょう。

  • 学生ローンは銀行や大手のキャッシングサービスと比べて限度額がかなり少なくなっている
  • 低金利で有名な学生ローンであっても、実はアコムやレイクなどの金利とそれ程の違いがない

ですが、学生は働くことが本業ではない職業であるため、どの会社も限度額を少なくしているのです。
その理由として年収の1/3までしかキャッシングできない金融会社であることもその1つと言えますが、それ以上に借り過ぎて返済できなくなることを考慮しての金額とも言えるでしょう。

 

また金利についても思ったほど低くないと感じるのも、返済ができなくなった場合のリスクを回避するためであり、収入の少ない学生に対してそれほど低い金利でお金を貸すことはできないということになるのです。

 

結論、学生専用ローンの審査は比較的甘いがサービスは劣る

学生専用ローンは利用限度額が少ないことや金利も大手の消費者金融とそれ程変わらないことから、審査は比較的甘いと言うことができるでしょう。

 

そのため1万円や2万円などの少額を希望する場合ならば審査なしという訳にはいきませんが、審査に通りやすいと言えるかもしれません。
【参考:学生専用ローンは、学生が審査に通りやすい?

 

更に学生専用ローンには審査に通りやすいという以外にもこのようなメリットがあるんです。

  • 学生に特化したローンであるため、基本的にアルバイト先への在籍確認がない
  • 親にバレない配慮もしてくれる
  • 社会人になってからも引き続き利用が可能
  • 基本は20歳以上の学生が対象だが一部では未成年の利用も可能な所がある
  • 平日なら即日融資も可能

 

学生ローンにはこのようなメリットがあり、一部では18歳や19歳の未成年も利用できる会社もある、基本的には在籍確認がないなども含めると、他のカードローンやキャッシング業者にはないサービスがあると言えます。
ただし、一方では以下のようなデメリットがあることも事実であり、そのために不利な状況になることもあるのです。

  • 土日に申し込みする場合、即日融資には対応できない
  • ATMが店舗内にしかないため、コンビニからの借入れや返済ができない(銀行や大手金融業者なら可能))
  • 任意の返済には事前の連絡が必要
  • 借入れや返済の方法が振り込みのみの所が多い

特に学生ローンで土日に即日融資を受けたい時、お金が足りない時に今すぐに借入れしたい時には通常のキャッシングサービスに比べて不便なことも多く、任意返済には事前の連絡が必要となるため気軽に余裕資金を返済に回せないことで、返済が長引くなどの不都合が生じる場合もあるのです。

 

またカードローンとして利用できる学生ローンは少なく、来店以外では振込みでの借り入れや返済しか利用の手段がないという問題もあります。
学生専用ローンは確かに他のキャッシングサービスよりも審査は甘いと言えますが、サービス面では劣るという側面もあるのです。

 

学生さんにもおすすめできるのは大手のカードローン会社!
学生専用ローンの利用にはメリットが多いですが、その反面デメリットもあって、それにより感じる不便や不都合が多いため、使い勝手の良さを考えるならばCMでも有名なアコムやモビット、レイクなどの人気カードローン業者でお金を借りることがおすすめとなります。

 

コチラはコンビニに設置されているATMからでも借入れや返済が可能ですし、最短30分審査や土日の即日融資も可能なので、必要な時に必要なだけ素早くお金を借りることができるのです。

 

ただしいくら低金利で利用しやすいとしても闇金からの借り入れは絶対にやめましょう。闇金は学生ローンの中にも紛れていることがありますので、名前の有名な学生ローンのみに申し込みするようにしましょう。

 

関連ページ

主婦がカードローン審査に落ちないために大事なこと
主婦にはある理由によりカードローン審査を受けることができる会社が別に用意されているのです。またそれにより借りれる金額も違ってきますので、いろいろなカードローンを比較するのも申し込みの会社を選ぶ上でおすすめとなります。
フリーターという職業とカードローン審査への影響とは?
フリーターとはアルバイトやパートなどで収入を得ている人を言いますが、時にはニートと同じであると誤解されるケースもあるようです。ですがフリーターであっても安定した収入があればカードローン審査を受けることはできますし、借入れも可能です。
職業はアルバイト、給料少ないとカードローンの審査に落ちる?
アルバイトという職業はカードローン審査に落ちやすいのかについて解説しています。またアルバイトにはどんな職種があり、具体的にはどんな仕事があるのかについても紹介しています。
自営業の借入れ、個人事業主はカードローンの審査に落ちやすいの?
自営業の方がお金がなくて困った時には、個人向けのカードローンと自営業者カードローンとで2つの利用できる可能性があります。ただしどちらも必要に応じた書類の提出が必須となり、通常のカードローンよりも借り難いという状況にあります。また公的な融資も利用できるので併せて検討すると良いでしょう。
お金借りたい!水商売という職業がカードローン審査に通る可能性は?
水商売は浮き沈みの激しい安定しない職業であるため、カードローン審査で不利となる場合もあります。特に心配になるのは審査での在籍確認かもしれませんが、だからと言って嘘や偽装会社の利用は絶対にダメです。
公務員ならカードローン審査も安心?安定職業の強みとは
公務員はどんな職業よりもカードローンの審査に通りやすいというメリットがあります。そのため低金利のカードローンも選択できますが、時間に余裕があるならば共済組合の貸付事業で借りるのが最もオトクと言えるでしょう。ただし即日融資が希望ならば消費者金融が便利ですよ。