MENU

カードローン利用で重要なのは審査に通りやすい主婦であること

主婦は家計を預かる重要な立場にいるため、急な出費でお金が足りなくなると「自分のお金の管理が悪いせい?」と責任を感じてしまう方もいると思います。ですが、通常は毎月入るお金は一定であるため、いつも決まった出費だけでなく予想外の出費があればお金が足りなくなるのは当然のことですよね。

 

それでも人よりも責任感が強い、旦那さんがお金に細かい・うるさいという主婦の方にとってお金の不足は非常に困った事態であり、「いつもよりお金が掛かったから仕方ない」で済ますことができない場合もあります。

 

また主婦であっても今の生活や将来のために何か資格を取りたいということもあるでしょう。また趣味を楽しみたい、欲しい物があるなどでもまとまったお金が必要になるものですよね。

 

そんな時に必要と感じるのはカードローンやキャッシングで旦那さんや家族にバレないでお金を借りることであり、その際に重要となるのはあなたが審査に通りやすい主婦であるということでしょう。

 

主婦のカードローン審査は申込みの金融会社により条件が違ってくる

主婦の方がカードローンを利用するには審査に通りやすい人であることが重要となってきますが、そのためには主婦のタイプにより違うキャッシングのルールについて知っておく必要があります。

  • 主婦業にプラスしてパートなどで働いている主婦
  • 主婦業に専念している専業主婦

通常は主婦という職業を2つに分類する必要やその機会はないと思いますが、カードローン会社やキャッシング業者でお金を借りる場合には、とても重要な分類となってくるのです。
その理由は以下の表にあります。

 

主婦の分類による利用可能な金融会社

主婦の分類 銀行カードローンの利用 消費者金融の利用

パートなどで働いている主婦

利用可能

利用可能

家事に専念している専業主婦

利用可能(最大50万円)

利用不可【配偶者貸付(以下で説明)の利用なら可能に】

【参考:主婦のカードローン契約について

 

このように同じ主婦という職業を持ちながらも、旦那さんの給料以外に家計費を増やしたり自分で自由に使えるお金を稼ぐことを目的として働いているパート主婦の方がいれば、主婦業や子どもの世話などに専念していて働いていない専業主婦の方もいるため、収入があるのかないのかが借入先を選択する時の分かれ目ともなるのです。

 

主婦業にプラスしてパートで働く主婦ならどのカードローン審査にも通る

正社員として働いている方はもちろんですが、パートやアルバイトであっても毎月一定の収入があれば主婦であっても基本的にはどのカードローン審査にも通る可能性があります。

 

安定した収入があれば主婦であることを理由に審査に落ちるカードローンはありませんし、人気の俳優がイメージキャラクターとなっている銀行や消費者金融のカードローンなど、利用の選択肢はとても広くなっているのです。

 

パートの主婦におすすめのレディースローン【審査が甘いところ限定】
収入のある主婦ならば銀行や大手の消費者金融の利用は可能ですし、当然のことながらそれよりも審査の甘い街金でもカードローンやキャッシングでお金を借りることができます。

 

また銀行ではみずほ銀行や新生銀行(レイク)、大手のキャッシングサービスではアコムやアイフルなどの老舗業者などが女性専用のレディースローンを用意していますが、以下のような街金でもレディースローンが利用できるようになっています。

 

このような業者ならば大手より審査が甘いと言われているため審査に落ちる心配も少ないかも知れません。ただし、レディースローンにも闇金業者が隠れている場合もありますので、利用には注意が必要です。(以下は正規の貸金業登録業者なので安心です。)

 

街金のレディースローン

ローン会社・サービス名 利用限度額 金利

フクホー・レディースキャッシング

10万円〜200万円

7.3%〜20%

 フタバ・レディースフタバ

10万円〜50万円

14.959%〜17.950%

レディースキャッシング エレガンス

1万円〜50万円

10.00%〜20.00%

 セントラル・マイレディース

1万円〜100万円

4.80%〜18.00%

【参考:レディースローン審査甘い所

 

このような街金のレディースローンではインターネットからの申し込みも可能であり、即日融資を希望する場合にも利用できるので、大手の審査は不安という主婦の方におすすめです。ただし審査が甘いとは言え、パートなどの収入があることが利用の条件となっているので、専業主婦の方は利用することができません(エレガンスは旦那さんの同意があれば利用可能)。

 

またいずれも振り込みによるキャッシングとなるため、カードの発行はありません。

 

専業主婦がカードローン審査に通るのは銀行のみ

家事の傍らパートなどで働いている主婦ならば、その金額が数万円であっても収入なしの専業主婦の方とは違い多くのカードローンやキャッシング会社の中から利用したい金融商品を選ぶことができます。

 

一方、収入がない専業主婦の方であっても旦那さんに安定した収入があればカードローンを利用することが可能になっていますが、ただしそれは銀行カードローンのみということになるのです。

 

専業主婦がカードローンの審査を受ける際に問題となるのが総量規制であり、それが銀行のみでしかキャッシングできない直接の理由となっています。

 

総量規制の影響と例外

総量規制とは消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠など貸金業法を守る必要のある金融業者を利用する場合に適用されるルールであり、個人が個人の使い道でお金を借りる場合には年収の1/3までしか借入れできないため、収入のない専業主婦は1円も借りれないことになっているのです。

 

そのため、このような理由で不都合を感じることもあるでしょう。

  • 銀行よりも審査に通りやすい消費者金融の利用ができない
  • 大手のカードローン会社で無利息サービスの利用ができない
  • 唯一利用可能となっている銀行には即日融資が難しい所が多い

 

それでもこのような不都合を回避する方法は2つあります。

  • パートやアルバイトを始める
  • 配偶者貸付を利用する

平日だけでなく土日も即日融資を受けられ、無利息サービスの利用も可能な大手の消費者金融で専業主婦が審査に通るには、パートやアルバイトを始めるしか方法はありません。

 

また大手より審査に通りやすい、審査が甘いと言われている街金であっても基本的には専業主婦が審査に通ることはできないのですが、ただ1つ方法があるとすれば配偶者貸付が利用できる街金の審査を受けてみることとなります。

 

ただし以下の方法で専業主婦の方がカードローン審査を受ける場合には、旦那さんにバレずにキャッシングすることは無理となりますので、要注意です。
また配偶者貸付の利用は大手では取扱いがないため、利用は一部の街金のみとなります。

 

配偶者貸付とはこれまでに何度となく紹介している総量規制の例外として利用できる制度であり、消費者金融で専業主婦の方がキャッシングできる唯一の方法となっていますので、以下で日本貸金業協会のQ&Aから引用した内容を紹介しておきます。

 

専業主婦/主夫が借入れを行うにはどうすればいいのでしょうか?
専業主婦/主夫は、総量規制の例外として、配偶者と合算して、(二人分の)借入れが(二人分の)年収の3分の1まで借入れを行うことができます。ただし、そのためには、配偶者の「同意書」、配偶者との婚姻関係を示す書類(住民票又は戸籍抄本。事実上の婚姻関係の場合、住民票(続柄に、「夫(未届)」、「妻(未届)」など、未届の配偶者である旨の記載があるもの))、(一定金額以上の場合)配偶者の年収を証明する書類を提出する必要があります。

 

Q&A配偶者貸付について

 

主婦が旦那さんにバレずに即日でカードローンの審査に通るには

主婦が旦那さんにバレずにキャッシングできるのかと不安に感じる方は少なくないでしょう。ただしお金を借りる前に必要なのはカードローンの審査に通ることです。しかもそれはあくまでも内緒で進めて行くべき一大プロジェクとなりますので、慎重の上にも慎重を期する必要があります。

 

また同時に主婦がカードローン審査に落ちないための方法や、特に今日中にお金を借りたいという緊急事態に対処する方法を知ることも大事になるんです。

 

ということで以下では3つの点について解説していきます。

  • 旦那さんにバレずに審査を受けるための条件
  • カードローンの審査に落ちないための注意点
  • 主婦が即日でお金を借りる方法

 

旦那さんにバレないためのカードローン審査の条件

「お金は借りたいけど旦那には内緒にしておきたい」、こんな風に考える主婦の方に旦那さんにバレずにカードローン審査を受ける方法について紹介していきます。

 

ところでサラリーマンの方がカードローン会社からお金を借りる場合でも、堂々と奥さんや家族に報告する人は案外少ないのではないでしょうか。今や奥さんの方が強くなっている家庭は多く、借金を奥さんに知れたら大変なことになるという危機感を持っている世の旦那さんも多いようです。

 

ですが、カードローンで借金したい時には、普段は優位な立場にいる奥さんであってもこればかりは内緒にしたいと思うものかも知れませんね。事実、インターネットを検索すると主婦が旦那に内緒でお金を借りる方法というような記事を非常に多く見つけることができます。

 

それらの口コミでも同じように言われていることですが、旦那さんにバレないためのカードローン審査の条件には以下の3つが挙げられるんです。

  1. 旦那さんの同意書なしで審査が受けられること
  2. 旦那さんの収入証明書の提出が不要であること
  3. 旦那さんの会社への在籍確認がないこと

【参考:夫に内緒で借りれる!専業主婦のカードローンがバレない理由

 

旦那さんの同意書なしで審査が受けられること

カードローン審査を受ける際に旦那さんの同意書が必要になるケースがあるんです。

  • 専業主婦の方が消費者金融で配偶者貸付を受ける時
  • 専業主婦が一部の銀行カードローンの審査を受ける時

パート収入のある主婦の場合にはどんな場合でも旦那さんの同意書の提出を求められることはないですが、専業主婦の場合には一部の銀行や街金(配偶者貸付の利用可)で旦那さんの同意を求められるようです。

 

返済に必要となる資金は旦那さんの給料から捻出するようになるため、仕方ないと言えるかも知れませんね。

 

旦那さんの収入証明書の提出が不要であること

専業主婦が消費者金融で配偶者貸付を受ける場合には、旦那さんの収入証明書が必要となるため、この時点でカードローンに申し込みをしたことが旦那さんにバレることになります。

 

つまり旦那さんに内緒で審査を受けるには、配偶者に関する書類の提出を避ける必要があり、どこで審査を受ける場合でも旦那さんの収入証明書の提出が不要になるのは収入のある主婦だけと言えるのです。

 

旦那さんの会社への在籍確認がないこと

旦那さんの会社への在籍確認が心配になるのは、専業主婦の方がカードローン審査を受ける場合です。専業主婦は基本的に収入が0円であるため、前述のように利用できるのは銀行カードローンのみとなるのですが、旦那さんに安定した収入があることを前提としているため、場合によっては旦那さんの会社に在籍確認をする銀行もあるようです。

 

この点については事前の確認が必要であり、場合によっては申し込みの取り消しも視野に入れる必要があるでしょう。
また消費者金融で配偶者貸付を受ける場合にも同様に旦那さんの会社への在籍確認はあると言えるでしょうね。
【参考:専業主婦がカードローンを申込する前に知っておきたい基礎知識

 

 

旦那バレのタイミングは審査だけじゃない!
旦那さんにカードローンを利用することがバレるタイミングは審査の時だけとは限りません。

  • 契約の書類やカードが自宅に郵送される
  • 返済に遅れて督促の電話や郵便物が来る
  • 旦那さんに財布の中のローン専用カードを見られる
  • 返済の際に自動振替の内容が通帳に記載される

主婦の方が旦那さんにバレないで無事にカードローン審査に通ることができたとしても、バレないための用心は完済まで続くと思っていてください。旦那バレの危険は申し込みの時点から始まり、上記のようなタイミングでいつでもその時はやって来るのです。
くれぐれも借金の完済まで気を抜かないように注意してくださいね。

 

カードローン審査に落ちないための注意点

カードローンの審査に落ちないことはお金を借りる時の大前提となります。それは主婦だけでなく誰もが同じとなりますが、特に専業主婦の方が審査を受けるならば申し込みの金額が大きなポイントと言えるでしょう。

 

主婦のキャッシングにおすすめのレディースローンは銀行にもいくつかあるのですが、専業主婦の方が利用する場合、当然のことながらその限度額はそれ程大きくはありません。

 

銀行のレディースローン、その限度額は?

銀行名 利用限度額
みずほ銀行MyWing 10万円〜100万円(専業主婦は最大30万円)
新生銀行レディースレイク 500万円まで
楽天銀行スーパーカードローン 50万円まで

レイクについては専業主婦でも一般のカードローンと同額となっていますが、実際にどのくらいまで借入れできるかは審査の結果次第と言えます。

 

またレディースローンには信用金庫でも用意されているので、参考のため紹介しておきますね。

 

信用金庫のレディースローン、その限度額は?

信用金庫名 利用限度額
川口信用金庫(レディースプラン) 最大100万円
城北信用金庫(レディースカードローン) 最大30万円
大阪シティ信用金庫(アトワンス レディース) 最大50万円
高崎信用金庫(Kirara) 最大50万円
福岡ひびき信用金庫(女性専用カードローンKirara) 最大300万円

【参考:掲載カードローン一覧(レディースローン)

 

このように専業主婦でも利用できるレディースローンは銀行よりも信用金庫で多数用意されているのですが、基本的には30万円〜50万円が利用の限度額となっているようです。

 

そのため、申込みする金額は少ない方が審査で有利になると言えるでしょう。専業主婦の方は収入がないため必要最低限の金額を借りるべきであり、その方が審査に通りやすくなるだけでなく確実に返済していくためにもおすすめと言えます。

 

主婦が即日でお金を借りる方法

今日中に必要なお金を借りたいと思うことは正社員や公務員だけでなく学生やフリーターも同様であり、職業に関係なくあるでしょう。そしてもちろん主婦の方にもあると思いますし、収入のない専業主婦であっても同じでしょうね。

 

今すぐお金を借りたいなら即日融資に対応しているカードローンやキャッシング会社の利用がおすすめですが、ここで注意したいの申し込みの当日にお金を借りるには一定の条件を満たしていることが必要となる所もあるということです。

  • 銀行カードローンは平日14時頃までの契約が必要
  • 口座の保有が必要となる銀行もある
  • 消費者金融なら安定した収入があること

銀行だとカードが発行されるまでは振り込みによる借入方法となるため、平日の14時頃までの振り込み依頼が必要になってきます。また銀行では同行の預金口座やキャッシュカードが即日融資には必要となっている所も多く、事前の確認が必要になります。

 

また即日融資を得意としている大手の消費者金融では平日だけでなく土曜日や日曜日でも当日中にお金を借りれることが多いですが、専業主婦の方は利用が不可となっているので即日融資を受けるのは難しくなっているんです。

 

主婦の方は職業に応じて利用のカードローン会社を選び、申し込みの金額に注意をしながら即日融資が可能な所を探して行くのが安心してお金を借りれるおすすめの方法と言えるでしょう。そうすることで旦那さんにバレずに今すぐお金を借りれる道が見えて来るはずです。

 

 

関連ページ

職業が学生の人はカードローン審査で不利になるの?
「職業は学生」という人でもカードローン審査に通りやすくなるおすすめ方法を紹介しています。また審査が甘いのはどんな金融業者なのか、審査に落ちるのを防ぐ方法とは何かについても紹介していますので参考にしてください。
フリーターという職業とカードローン審査への影響とは?
フリーターとはアルバイトやパートなどで収入を得ている人を言いますが、時にはニートと同じであると誤解されるケースもあるようです。ですがフリーターであっても安定した収入があればカードローン審査を受けることはできますし、借入れも可能です。
職業はアルバイト、給料少ないとカードローンの審査に落ちる?
アルバイトという職業はカードローン審査に落ちやすいのかについて解説しています。またアルバイトにはどんな職種があり、具体的にはどんな仕事があるのかについても紹介しています。
自営業の借入れ、個人事業主はカードローンの審査に落ちやすいの?
自営業の方がお金がなくて困った時には、個人向けのカードローンと自営業者カードローンとで2つの利用できる可能性があります。ただしどちらも必要に応じた書類の提出が必須となり、通常のカードローンよりも借り難いという状況にあります。また公的な融資も利用できるので併せて検討すると良いでしょう。
お金借りたい!水商売という職業がカードローン審査に通る可能性は?
水商売は浮き沈みの激しい安定しない職業であるため、カードローン審査で不利となる場合もあります。特に心配になるのは審査での在籍確認かもしれませんが、だからと言って嘘や偽装会社の利用は絶対にダメです。
公務員ならカードローン審査も安心?安定職業の強みとは
公務員はどんな職業よりもカードローンの審査に通りやすいというメリットがあります。そのため低金利のカードローンも選択できますが、時間に余裕があるならば共済組合の貸付事業で借りるのが最もオトクと言えるでしょう。ただし即日融資が希望ならば消費者金融が便利ですよ。