MENU

カードローンを選ぶ基準は金利だけではない!

カードローンとは利用限度額の範囲内で何度でも借り入れと返済を繰返すことのできる便利な金融商品です。信販会社でも商品として取扱っていることが多いですが、CMでもお馴染みで一般的に広く利用されているのは銀行と消費者金融のカードローンと言えるでしょう。

 

カードローンはどこで借りるにしても無担保・無保証人であることが原理となっていて、特に資産がなくてもお金持ちの身内がいなくても一定の条件を満たすだけで気軽にお金が借りれる使い道自由な個人向け融資となっています。ただし銀行と消費者金融ではサービスそのものの性質は同じですが、金利面では開きがあるということが両者の大きな違いと言えるんです。

 

銀行と消費者金融の金利とは

銀行カードローンの平均的な金利 消費者金融カードローンの平均的な金利

4.0%〜14.0%

4.5%〜18.0%

このように基本的に金利に開きがありますので、低金利でお金を借りれる銀行カードローンはおすすめと言いたいところですが、低金利のカードローンばかりに的を絞ることで返って不都合が生じる場合もあるのです。

 

銀行と消費者金融、少額で短期間なら金利差はさほど無し

銀行と消費者金融の金利には最高金利で4%程の開きがあります。低金利の時代に4%もの金利差があるカードローンを利用することに抵抗を感じる人も多いでしょうね。ですがこの金利の差は利息にするとどの位の違いが出てくるのでしょうか?

 

利息を計算する場合、まず必要となる要素があります。

  • 金利は何%か
  • 借り入れの金額はどのくらいか
  • 何日くらい借りるのか

 

利息計算に必要なこれらの条件を元にして銀行と消費者金融の利息を計算すると以下の表のような金額となるのです。

 

銀行と消費者金融の利息はどのくらい?

借りる金額

借入れ期間

銀行カードローン

消費者金融カードローン

3万円

1週間

3万円×14.0%÷365日×7日=80円

3万円×18.0%÷365日×7日=103円

30日間

3万円×14.0%÷365日×30日=345円

3万円×18.0%÷365日×30日=443円

10万円

1週間

10万円×14.0%÷365日×7日=268円

10万円×18.0%÷365日×7日=345円

30日間

10万円×14.0%÷365日×30日=1,150円

10万円×18.0%÷365日×30日=1,479円

 

このように両者の利息を比較してみると3万円や10万円を1週間や1ヶ月間借りただけでは金利差はさほど無いと言えますよね。
また給料日前に不足しているお金を補てんするならば、給料を貰った時に一括で返済することも可能であるため、このようなお金の借り方をする場合には、低金利に拘る意味はそれほどないと言えるかも知れません。

 

ただし、更に多い金額や長い期間借りるとなるとそれだけ利息の差が出てくるので要注意です。

 

低金利より無利息の方が絶対にお得!

銀行カードローンの金利は消費者金融よりも低金利であり、金利の安さに魅力を感じている人は多いでしょうね。ですが、大手の消費者金融には初回の利用で一定期間無利息で借入れできるサービスがあるんです。

 

消費者金融の無利息サービス

消費者金融 無利息期間 利用条件

プロミス

30日間

初回利用のみ・メールアドレスとWEB明細書利用の登録が必要

アコム

30日間

初回利用のみ・返済方法に「35日ごと」を選択する必要がある

アイフル

30日間

初回利用のみ

ノーローン

1週間

初回利用のみ(完済の翌月も1週間無利息に)

 

カードローンでお金を借りたいけども金利が掛かるのは嫌という方には、30日以内で完済できるならばむしろ銀行よりも消費者金融の方が絶対にお得となり、それ以降の返済となってしまっても利用してから30日間は利息0円となるため、無利息サービスを利用しない手はないと言えるでしょう。

 

無利息サービスは銀行にもある
無利息サービスと言えば大手のカードローンと言えますが、実は銀行にも無利息サービスを提供しているところがあるんです。
新生銀行カードローンレイクは30日間無利息と5万円まで180日間無利息となる期間が用意されていますし、ジャパンネット銀行のネットキャッシングにも30日間という無利息期間があります。
ただし、どちらも銀行であるため審査は消費者金融よりも厳しくなる傾向にあり、消費者金融の方が親しみやすいということはあるようです。

 

大手キャッシングサービスの魅力は無利息の他にもある!

大手キャッシングサービスには無利息期間があるだけでなくそれ以外にも魅力があるようで、以下の表を見ていただくと初めてキャッシングする多くの人が消費者金融を選択している理由が分かると思います。

 

初めての借り入れで消費者金融を選んだ理由(複数回答・多い順に表示)

消費者金融を選択した理由 回答率

無担保で借入れができたから

44.3%

保証人を立てる必要がなかったから

40.0%

手続きが簡単だから

37.7%

審査が早かったから

36.3%

家族に内緒で借りることができるから

31.0%

至急に資金が必要だったから

29.7%

インターネットで手続きができたから

27.3%

家から近かったから

24.7%

TVのCMを見たから

23.0%

小額でも借入れができたから

20.0%

最寄り駅から近かったから

14.0%

ご自身以外の第三者に頼まれて

4.6%

短期間でも借入れができたから

10.3%

貸金業者以外に借入先がなかったから

6.7%

友人や知人の紹介があったから

6.0%

銀行・信用金庫・信用組合等で借入れを断られたから

4.7%

なじみがあったから

3.3%

店頭窓口などで借入れや返済について相談にのってくれるから

2.3%

その他

2.3%

【参考:日本貸金業協会「平成21年度版JFSA白書(消費者向けアンケート)」

 

このような理由で低金利の銀行よりも消費者金融を初めての借入先として選択しているようですが、カードローンでお金を借りる時に利用する金融機関は、金利が低いことだけで選んでない人もいることが分かりますよね。

 

カードローン選択は金利とサービスを総合的に見て判断するのが大事

銀行カードローンを選択する時には審査に通る自信がどれだけあるか、どれくらいの年収があるかなどを判断材料にして借入先を決める場合もあるでしょう。

 

また消費者金融のカードローンを選択する時には、低金利の銀行カードローンも視野に入れながら、先ほど紹介しました日本貸金業協会の発表したデータのように、親しみやすいことや審査が早いこと、家や最寄りの駅から近いなどを選択の理由として借入先を決定することもあるでしょう。

 

消費者金融は柔軟な審査内容となっていることもあり、銀行よりも気軽に申し込みできる金融サービスとして人気となっているため、低金利でお金を借りれる銀行カードローンよりも総合的に見て便利ということもあるのです。

 

そのため、もはや消費者金融は高利貸しというイメージを持っている人は少なくなっていると言えるのですが、現在でも法外な金利で融資をしている闇金は存在していますので、カードローンやキャッシングを利用する際には充分な注意が必要となります。

 

安全で安心してお金を借りれる消費者金融は利息制限法の上限金利をきちんと守っていますので、高利貸しの金融業者では審査が甘いため借りやすいですが、絶対に近寄らないようにする必要もあるのです。

 

利息制限法の上限金利とは
第一章 利息等の制限 (利息の制限)

 

第一条  金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
一  元本の額が十万円未満の場合 年二割
二  元本の額が十万円以上百万円未満の場合 年一割八分
三  元本の額が百万円以上の場合 年一割五分

 

引用:法務省「利息制限法」

 

低金利より即日で融資してくれる方が便利な場合も

カードローンでお金を借りたいという時には人によっていろいろな希望があると思います。

  • 審査が早い所で借りたい
  • 今すぐ、今日中に即日融資をしてくれるカードローンで借りたい
  • 年収が少なくても貸してくれるところで借りたい

このような希望がある場合には、審査が柔軟な方が可決の回答をもらいやすいと言えるでしょう。またお金を借りたい時は即日融資を希望する場合が殆どであるため、審査が早いカードローンを選ぶ必要があります。そんな時にはやはり無利息サービスも利用可能であることを含めると、大手のキャッシングサービスがおすすめとなるんです。

 

カードローンを選ぶ時は、金利だけでなくサービスの内容も総合的に見て決めるのが賢いキャッシングの方法ということができるでしょう。

 

消費者金融と銀行の金利はなぜ違う?

消費者金融と銀行の金利には差があり、金利だけで言うならば銀行カードローンの方が有利と言えます。それではその理由にはどんなことがあるのでしょうか。両者の金利が設定されている理由には以下のようなことが考えられます。

 

消費者金融の方が銀行よりも金利が高めとなっている理由

  • 消費者金融は融資業務のみで営業をしている
  • 銀行は融資以外にも預金業務など融資以外にも利益を出す手段を持っている

【参考:銀行と信販と消費者金融の金利の違いは?

消費者金融の業務は融資のみであるため、貸付けで多くの利益を出す必要があるので金利も高めとなっていますが、それに対して銀行では融資以外にも預金業務などで利益を出すことができるため、融資での金利を低く設定することが可能になっているのです。

 

 

金利の高さと審査の厳しさには一定の関連性がある

  • 消費者金融の金利は高めであるため柔軟な審査が可能
  • 銀行の金利は低く設定されているため、審査内容は厳しくなっている

消費者金融の金利は高めに設定されているため、貸倒れに対するリスクをカバーすることが可能であり、審査の内容を柔軟にしているのですが、銀行では低金利で融資をしているため貸倒れに対するリスクのカバーが難しいために厳しい審査を実施しているのです。

 

 

審査の厳しさと融資可能な金額にも関連性がある

  • 消費者金融の審査は、柔軟な内容となっているが多くの金額の借り入れが難しく、少額融資が主となっている
  • 銀行の審査は、保証会社と銀行の両方で実施しているため厳しい内容であるが、高額の融資も可能

消費者金融では柔軟な審査内容となっているために、貸倒れのリスクを防止することを目的として基本的に少額融資をメインに融資業務を行っています。
それに対して銀行では、厳しい審査に通ることができる人ならば高額の融資をしても返済できる能力があるだろうと判断しているのです。