MENU

カードローンの審査に欠かせない在籍確認とは?

銀行や消費者金融でお金を借りたい時、どんな職業であってもまずは申し込みが必要であり、その次に来るのは審査ということになります。金融機関では借り入れの申し込みがあるとその内容を元に審査を開始します。

  • 個人についての情報(氏名・年齢・住所・電話番号など)
  • 職業についての情報(年収・仕事の種類・勤務形態・勤務年数など)
  • 他社からの借り入れについて(借り入れの件数・金額)

カードローン会社で審査の申し込みを受けると、上記などの情報を重要な資料として審査が開始され信用情報の照会も行われますが、ただしこれで終わりという訳ではありません。基本的に審査には在籍確認が必要となり、その時の流れのスムーズさが融資までの時間を左右する他、審査結果の合否にも影響してくることになるのです。

 

ところで、これほどまでに重要な在籍確認とは具体的にどんなものなのでしょうか。
またその目的とはどんなことなのでしょうか。

 

在籍確認とその目的とは?

銀行や消費者金融、またクレジットカード会社などでも実施されている在籍確認の主旨とは、返済能力の確認を目的とし、在籍を確認するため会社に電話が掛かることということになります。金融機関では貸したお金の回収を確実なものとしたいため、まずはその人に返済できるだけの稼ぎがあるのか、そのための仕事を持っているのかを確認する必要があるのです。

 

このような理由でカードローン会社は直接会社に電話をかけることとなるのですが、実際に在籍確認は以下のような手順で行われています。

 

在籍確認の手順

1. カードローン会社の担当者より会社に電話が来る (担当者)「○○(個人名)ですが、●●さんはいらっしゃいますか?」
2. @本人が不在の場合 (同僚)「●●はただ今席を外しております。」
A本人が電話に出た場合 (本人)生年月日や住所などいくつかの質問に答える
3. @電話が切れる(本人不在) (担当者)「そうですか、それでは後日また電話いたします。」※
A電話が切れる(本人が電話に出る) (担当者)「ありがとうございます、これで終了となります。」

 

※上の表のように手順3.の段階で@のように本人が不在で同僚が「現在は席を外している」と伝えた場合には、「後日また電話いたします」とカードローン会社の担当者が言ったとしても、実際にはそこで在籍確認は終了しますので、再度担当者が会社に電話をかけることはありません。

 

ただし銀行カードローンでお金を借りたい場合には個人名でなく社名を名乗る所もありますので、その点については事前の確認が必要と言えます。
【参考:ローン審査の流れと「在籍確認」その重要度と具体的内容

 

在籍確認が会社にバレないためのコツとは?

在籍確認は、基本的には審査が甘い所であっても審査なしの危険な金融業者でない限り行われます。これはどんなに審査に通りやすいと言われている公務員であっても避けることができない重要な手続きであるため、誰もがカードローンで申し込みをした時点で会社に電話があると認識しておく必要があります。

 

ただそれならば、在籍確認で会社にバレないためのコツを知っておくと良いですよね。
在籍確認の電話がいつかかってくるのかとヒヤヒヤすることが少なくなるかも知れませんよ。

 

もちろん、上の表にもあるように社名を名乗らない金融業者ならば、担当者が電話をかけただけで借り入れの事実がバレる心配はありませんが、それでも以下のような人が社内にいる場合には在籍確認の電話であることがバレることもあるでしょう。

  • 過去にカードローンを利用したことがある人
  • 知識として在籍確認の方法を知っている人
  • あなたの席の周りで1日中デスクワークをしている人

【参考:可能性はゼロじゃない?同僚にばれてしまうケースとは

あなたと同じようにカードローンを利用している、あるいは過去に利用した経験がある人が同僚の中にいる場合、個人名でかかってくる電話に敏感に反応されてしまうことでしょう。
またカードローンの利用は経験がないという人であっても、在籍確認の知識を持っている場合には同じようにキャッシングの事実がバレる可能性もありますよね。

 

またあなたの席の周りで1日中デスクワークをしている人がいれば、あなた宛てにかかってくる電話に聞き耳を立てている可能性だってあるでしょう。

 

と言うことで、このような人にカードローン申し込みがバレないためのコツは主に2つ考えられます。

  1. 在籍確認の日時を指定する
  2. 職場への言い訳や根回しを考える

 

在籍確認の日時が指定できるか聞いてみる

カードローン会社によっては、希望により在籍確認の日時、更には電話をかける担当者の性別まで指定が可能な場合もあるようです。これらのことを指定することができれば、自分にとって最も良い環境での在籍確認が可能になります。

  • 在籍確認の日時を指定 自分に最も都合の良いタイミングで在籍確認を受けられる
  • 電話をかけてくる担当者の性別を指定 仕事関係の人からという偽装が可能

在籍確認の日時を指定することができれば、いつもは営業などで席を外していることが多い方であっても、唯一この日にちや時間帯ならば電話を取ることができるという時もあるでしょう。

 

またあなたに電話をかけてくる担当者が女性若しくは男性であると不自然ということもありますし、相手の性別を指定することができれば仕事関係の人間からの電話という偽装をすることも可能になるでしょう。

 

在籍確認に備えて言い訳や根回しを考えておく

在籍確認の電話が来た後に、職場の同僚などから不審に思われることを回避するため、電話かかってくる前後に取るべき行動を考えるのも大事ですよね。

 

もっともその行動とは、コツと言うよりも言い訳や根回しということになるのですが、在籍確認が心配という方は以下を参考にしてみてください。

 

提案、在籍確認を無事に乗り切る4つの言い訳!

 

カードローン審査に不可欠となる在籍確認のために、利用がバレるのを防ぐための対策として考えられるのは言い訳くらいかも知れませんが、以下でその例として4つ提案しておきます。

  • 「ちょっと高い買い物でローンを組んだ」と言う
  • 「え?誰だろう、全然心当たりないけど」と言い張る
  • 「墓地の勧誘かも知れない、資料を請求した時に会社の電話番号を記入した」と言う
  • 「昨日の夜クレジットカードの申し込みをした」と朝一番で同僚に話しておく

【参考:在籍確認の電話を怪しまれないようにするいろんな言い訳

 

在籍確認が不安でもアリバイ会社を利用するとバレることも

在籍確認はどのような対策を練っても不安や心配は付きまとってしまうものでしょう。中には会社に電話されたら絶対に困るという理由からアリバイ会社を利用する人もいるようです。

 

アリバイ会社とはこのようなことを請け負っている業者のことです。

  • 金融機関からの在籍確認に「ただ今席を外しております」と対応する
  • 在籍確認の電話を自分の電話に転送し
  • 申請の会社の電話番号を表示し折り返しの電話をかける
  • 源泉徴収票や収入証明書の作成
  • 在籍を証明する書類の作成
  • 保育園関係書類の作成

ですが、収入や勤務先については以前にカードローン会社を利用している場合、既に信用情報機関にその情報が登録されている可能性が高いです。そのために、虚偽の申請をすると審査の際にすぐに嘘がバレることになり、当然信用を失くしてしまいますし審査にも落ちることになるんです。
【参考:信用情報には勤務先も記載されている

 

更に、アリバイ会社は暴力団が経営しているという話も聞きますし、それ以前にカードローン審査でアリバイ会社を利用して嘘を申告すると詐欺未遂罪、詐欺罪に該当するため利用は控えましょう。
【参考:アリバイ会社について

 

在籍確認でバレるのは会社だけじゃない!親や旦那・嫁にバレない方法

在籍確認でカードローンの審査に申し込みしたことがバレる原因は、会社に電話がかかってくることが大きいですが、電話連絡が原因でバレるのは会社だけではありません。在籍確認をするカードローン会社は、申し込みの後に高い確率で自宅や携帯電話に本人を確認するための電話もかけてくるのです。

 

会社に電話が来ることで職場バレが心配という方がいれば、親や旦那や嫁など家族にだけは内緒でお金を借りたいという方もいて、親バレや家族バレの元となる本人確認の電話も在籍確認と同じくやっかいなことの1つと言えるでしょう。

 

ただしこの場合でもカードローン業者は社名を名乗らずに電話をかけて来ますので、家の電話に家族が出たとしても一度にカードローンの申し込みがバレる心配はありません。それでも親や旦那・嫁など家族に怪しいと思われる可能性があるなら、連絡先には携帯電話の番号を申請しておくことが大事となります。

 

家族にバレない本人確認、ポイントは電話による在籍確認なし

在籍確認ならば会社に電話が来る際に対策を練ることが可能ですが、申込み後に来る確認の電話はいつかかってくるのか分らない上に、在籍確認よりも早いタイミングで電話が来る可能性が高いことから気持ちの準備が整っていないことで対応を失敗し、結果的に家族に「怪しい」と思われることもあるでしょう。

 

それならば初めから本人確認の電話がないカードローンを選択するという方法もあるのですが、それには在籍確認が電話以外でも可能となる会社やカードローン商品を選ぶ必要があります。

 

電話以外で在籍確認が可能なカードローンとは

 

多くのカードローンでは、社会保険証や給与明細などで、電話での在籍確認の代わりとしてくれます。
あらかじめ「自分の職場は在籍確認が難しい・・・」ということが分かっていれば、カードローン側に相談、書類の準備をした方がよりスムーズに契約できるということです。

 

引用:電話以外の方法で対応してくれる場合も

 

カードローン審査と在籍確認、職場や家族にバレると困る!記事一覧

銀行カードローンの在籍確認、会社に電話が来るとバレる?銀行のカードローンでお金を借りるには、まず審査に通ることが先決となります。そしてその際に実施される在籍確認という手続きをクリアする必要があるのですが、おそらくは殆どの方が審査結果と同じくらい不安になることと言えるでしょう。在籍確認とは、申し込みの時に銀行に伝えてある勤務先情報に間違いや嘘がないかを確認するため審査の最終段階で実施される手続きを言...

消費者金融から在籍確認の電話、職場バレだけは避けたい!消費者金融のカードローンでお金を借りる人は多く、銀行にはないサービスがあることから銀行よりも比較的金利が高めであるにも関わらず銀行以外のカードローン会社を借入先に選ぶ人も多いようです。銀行と比較すると、金利やイメージでやや不利と思われている消費者金融を選択する理由にはいろいろなことがあると思います。即日融資でお金を借りやすい銀行よりも審査に通り...

家族や会社に内緒でお金を借りたいなら在籍確認がポイントに親や旦那さん・お嫁さんだけには内緒でお金を借りたいと希望する方は多いと思います。また家族だけでなく会社の同僚や上司にはバレないようにカードローンで借り入れしたいという時、ポイントとなるのが誰にも内緒で在籍確認を受けることができるかということでしょう。在籍確認なしでお金を貸してくれる所は基本的に審査なしの所や審査があっても基準が甘い所しかなく、...