MENU

家族や会社に内緒でお金を借りたいなら在籍確認がポイントに

親や旦那さん・お嫁さんだけには内緒でお金を借りたいと希望する方は多いと思います。また家族だけでなく会社の同僚や上司にはバレないようにカードローンで借り入れしたいという時、ポイントとなるのが誰にも内緒で在籍確認を受けることができるかということでしょう。

 

在籍確認なしでお金を貸してくれる所は基本的に審査なしの所や審査があっても基準が甘い所しかなく、このような所は要するに危険な金融業者と言えるため、利用してはいけません。

 

安心安全に利用できるカードローンならば、銀行であっても消費者金融であっても方法の違いこそあれ審査や在籍確認がしっかりと行われているのです。その在籍確認を無事にクリアすることが誰にも内緒でお金を借りるためのポイントと言えるでしょうね。

 

消費者金融で借りたお金を何に使う?その理由とは

在籍確認を無事に済ませてカードローンでお金を借りたいと思うのはサラリーマンだけでなくアルバイトやパート、派遣社員や主婦、学生でも同じと言えますが、例えば消費者金融を利用する人がお金を借りたい理由は日本貸金業協会が公表している以下の表のように様々となっています。

 

何に使う?消費者金融でお金の使い道とその理由(複数回答・多い順に表示)

消費者金融から借りたお金の使い道や理由 回答率

生活費の補てん

41.9%

その他の借入金返済への充当

21.5%

物品購入

14.5%

レジャー、旅行

14.0%

趣味、娯楽(非ギャンブル)

9.9%

医療費

9.0%

ギャンブル費

9.0%

事業性資金の補てん

8.0%

外食などの飲食費

7.3%

投資や資産運用のための費用

6.1%

冠婚葬祭費

5.1%

ご自身以外の第三者に頼まれて

4.6%

引越し費用

4.1%

その他

1.5%

【参考:日本貸金業協会「平成21年度版JFSA白書(消費者向けアンケート)」

日本貸金業協会とは
この新しい貸金業協会は、これまでの貸金業協会とは法人格が異なり、貸金業法第26条第1項及び第2項に基づき、貸金業者が内閣総理大臣の認可を受けて設立した法人(認可法人)です。

 

引用:日本貸金業協会・概要

 

最も多いカードローンでお金を借りたい理由は生活費の補てん

消費者金融でお金を借りる人がその理由として最も多くアンケートで答えていたのが生活費の補てんであり、どんな人でも一定の生活費を必要とするため、色々な理由でこの資金が不足した場合にお金を借りたいと思う人は多いでしょうね。

 

次いで多いのが他の借金の返済に必要なお金の借り入れです。借り入れの理由の第一位である生活費の不足で借りたお金の返済金が不足し、新たにお金を借りているということが推測できますよね。

 

その後は物品購入、レジャー・旅行、趣味やギャンブルなどと続いていますが、生活資金の不足以外では遊びや贅沢に必要な資金も多く、サラリーマンだけでなくフリーターや学生、主婦にも当てはまる理由が多いと言えるでしょう。

 

そのため、親や旦那さん・お嫁さんに内緒でお金を借りたいと思うことは多く、更には在籍確認により会社にバレないでキャッシングしたい状況となるのかも知れません。またパートなどの収入のある主婦の方は旦那さんに内緒で生活資金の不足を補てんしたいと考える場合も多いと思います。

 

これさえ抑えておけば家族にバレないポイント3つ

カードローン利用がバレる所と言えば会社と家族が挙げられますが、会社の同僚や上司ならば在籍確認を上手く乗り切ることさえできれば、後は自分で言わない限りキャッシングの利用はバレないと言えるでしょう。

 

それよりもやっかいなのは、会社よりも家族の方と言えるんです。いつも家にいる親やお嫁さんは会社よりも遥かに借金がバレる機会が多いですし、以下のような場面でそのタイミングはやって来ます。

  • 契約書の郵送
  • 家族にローンカードの保有がバレる
  • 返済の遅れで自宅に督促の電話や郵便がくる

【参考:キャッシングがバレてしまう3大要素とは?

以下はこれからカードローンの申し込みを考えているキャッシング初心者の方に参考にしていただきたい内容となっています。

 

契約書の郵送で家族にバレることも

家族に内緒にしてカードローンでお金を借りる時に、まず初めに注意したいことが契約書の郵送です。申し込みの手続き自体はインターネットを利用することで親や旦那さん、お嫁さんに内緒でスムーズに完了することができます。その後の本人確認の電話も携帯電話番号を指定しておくことで家族のいない所で電話を受けることも可能です。
ですが郵便物が送付されてくることだけは避けられないため、このタイミングが最も家族にバレる危険性の高い時と言えるでしょう。もっとも大手の消費者金融ならば差出人欄に社名が印刷されていることはなく、別の名前が表示されているため、郵送物が届いたからといってすぐに家族にバレないかも知れませんが、勘の良い家族ならば「親展」という文字が書いてある場合でも開封してしまうかも知れません。

 

家族にカードローン利用がバレないために郵送物が来るのを極力避ける

カードローン会社からの契約書類やローンカードが郵送されることを回避できる場合があります。それは自動契約機が用意されているカードローンに申し込みをした場合であり、申し込み後に審査に通ったという連絡が来た時にすぐに自動契約機へ行き契約書とカードの発行を済ませてしまえば、即日融資でお金が借りれることとの一石二鳥ともなるのです。

 

そのため親や配偶者にバレないでカードローンを利用するなら、大手の消費者金融かローン契約機を用意している以下の銀行カードローンがおすすめとなります。

  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン
  • 新生銀行カードローン レイク

 

家族にローンカードの保有がバレる

ローンカードやキャッシングカードを不用意にテーブルの上に置いている人はいないと思いますが、誰にも内緒でお財布の中にこっそり保管している場合であっても、家族に見られてしまう危険はあるでしょう。特にお嫁さんならば旦那さんのお財布の中身をこっそりとチェックすることも考えられます。

 

カードを保管する場所は誰にも見られずに済むところを選ぶべきですし、少々面倒でもその工夫が家族にバレないカードローン利用を可能にすると言えるでしょう。せっかく自動契約機でカードを発行しても家族に発見されてしまっては何の意味もなくなってしまいますよね。

 

返済の遅れで家族にバレる可能性が高まる

カードローンの申し込み後、2回目に送付される郵便物と言えば返済に遅れた際に発行される督促状です。初めに送付される契約書類よりも簡易なハガキなどの書類となりますが、それでも普段見慣れないところから来る郵便物は家族に開封される危険もあります。

 

また郵便だけでなく電話がかかる場合もありますので返済の遅れにはダブルのリスクがあると認識しておいた方がいいです。

 

返済に遅れそう、うっかり返済日を忘れた場合の対処法は?

お金を借りたならば返済期日までにきちんと返済する、これはカードローンやキャッシングだけでなくどんな借金にも言えることですが、それでも期日までに返済できないこともあるでしょう。

 

その理由は2つ。

  1. 返済するためのお金が工面できそうもない
  2. ついうっかり返済日を忘れていた

返済日に遅れるにはこれらの2つの理由が考えられるわけですが、返済の遅れは利用のカードローン会社から信用を失う原因となり、連続した返済の延滞は信用情報にも影響してきます。そのため何らかの対処をする必要があるのですが、実際にはその方法は1つしかないと言えるでしょう。

 

それは返済に遅れそうと分かった時や、返済を忘れたことに気付いた時に素早く利用のカードローン業者に電話をすることです。電話では返済日に返済できそうもない、または忘れてしまった旨を説明すると同時にいつまで返済できるのかを明確にする必要があります。

 

安心してキャッシングできる金融機関ならば、返済の意志のある人に対してしつこく郵便や電話での督促をすることはありません。ですから、まずはあなたの返済の意志をきちんと金融業者に伝える必要があるんです。そのことにより親や配偶者にバレないカードローン利用が可能になると言えるでしょう。

関連ページ

銀行の審査には在籍確認が必ずある!上手く切抜ける方法とは?
カードローン審査の際に実施される在籍確認では、会社に電話がかかるということで不安に感じることも多いと思います。ですが、銀行カードローンであっても電話なしで在籍確認をしてくれる所もあるようなので、職場バレが心配な方はこのようなカードローンを選ぶと良いですね。
消費者金融の在籍確認と職場バレ、電話なしもあるカードローンとは
消費者金融でお金を借りる場合でも審査が甘い危険な金融業者以外は在籍確認が実施されています。ただしカードローン会社によっては電話なしでも在籍確認してくれるところもありますので、こちらはその代表と言えるモビットについても解説しています。